お葬式には、結構な費用が掛かってしまいます。

しかし、その費用というのは基本的に葬儀会社が決めているもので、ある程度高く設定されていることもあるのです。その為に本来必要な費用よりも上乗せされたお金を請求されることもあります。もちろん、全ての葬儀会社がそうというわけではなく、本当に遺族の事を考えて最低限の価格設定をしてくれている、親切な葬儀会社というのも多数存在していることも忘れてはいけません。出来ることなら高めの価格設定をしている葬儀会社よりも、良心的な葬儀会社を選びたいのは当然ですから、お葬式を行う時までにまずは平均的な葬儀価格を調べるところから始めましょう。

出来れば調べたくはない価格なのは確かなのですが、遺された遺族の為にも自分で事前に調べておくなり、病気で先が長くないと医師に伝えられた時などに調査しておくといざという時に役立つのもまた確かです。平均的な価格を知ると言う事は、上乗せされていることを確認できることになりますし、その葬儀会社が良心的かどうかを測る物差しにもなります。

また式場や棺、霊柩車などはそれぞれにランクがあり、葬儀会社の人は低いランクのものはあまり勧めてくることはありませんから、相手の言いなりにならないようにする気持ちの強さも必要です。無理に高いランクを選ぶ必要もなく、故人も遺族が自分の為に無理をすることを善しとはしないでしょう。お葬式に掛かる費用は葬儀会社だけでなく、お寺へのお布施や参列して下さった方の飲食代も必要なのですから、省ける所は省き、お金だけに頼らないお葬式をするように心掛ける方が故人も喜んでくれるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *