葬儀を相談したりあるいは依頼するときは、依頼する側が心が落ち着かずに焦っていることが往々にしてあるため、なるべく早めに決めてしまおうとすることがよくあります。

しかしながら、ここで焦って決めてしまうと、金額面で思わぬトラブルになることがあります。そのため、できる限り複数人で相談や決定をするべきであり、可能であれば一族の相談役のような人あるいは諸事につけて詳しい年配の親族の人などに同席してもらうのがよいでしょう。葬儀ではあれやこれやといろいろ豪華にしようとして、葬儀社から持ちかけられてきます。しかも何かにつけて高めの金額が設定されがちです。

あとで請求書を見てびっくりすることがあり、しかも葬儀が終わった後での話なので仕方なく支払ってしまうことも少なくありません。可能な限り生前の間に、どの葬儀社で依頼をするべきか、見積もりをとってみることも有効でしょう。思わぬ高額な請求にびっくりすることがないように、予算を決めてその金額内でしか支払わないことをあらかじめ伝達することも大切なことです。

それ以上は支払えないことを明確に伝えれば、よほどのことがない限りはその金額内に収まるように手配をします。無論、最初の見積もり時にその金額内に収まっているかどうかをしっかりと確認し、不明な点は確実に確認することが必要ではあります。不明瞭なものはそもそも見積もりに入っていないとして、後日支払を避ける口実にもなりますので、見落とさないようにしておくことが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *