葬式というのは、何回も執行するものではありません。

それだけに、費用の相場とか、安く抑えるポイントなどは、あまり知られていないのが現実です。そもそも、葬式を行う上で発生する費用は、主として3つの項目があります。まずは、葬式の費用として、祭壇、御棺、ドライアイス、人件費等々の実費費用が、葬儀社に支払われるものになります。なお、斎場使用料や火葬料、飲食費用、返礼品代等は、これは葬儀社に支払われるものではありません。仮に、葬儀社が出してきた見積書に記載されていたとしても、あくまでも、その会社が一時的に立て替えておく、との意味合いです。

そして、ほかにも、宗教者に対してのお礼や心づけなどの費用もかかってきます。葬式にかかる費用というのは、その地域や参列者数、規模によって全く違いますが、ある調査では、すべてトータルした費用が約200万円だと報告されています。もちろん、これは一つの目安です。中には、1,000万円近い費用をかけて葬式を行う事例もあるのです。

傾向として、年々、葬式にかける費用は少なくなりつつあります。家族葬や親族葬などが増えてきたことも、その原因の一つです。できるだけ安く葬儀を行いたいとの希望を持っている人は、自分の希望のプランに沿った形で、おおまかな予算を立てておくのが望ましいです。こういったことは、葬儀社に相談すれば、懇切丁寧に説明の上、見積書を作ってくれるものです。なお、必ず、複数の会社に見積を依頼することを忘れてはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *