最近では安価な葬儀業者が増えてきました。

折り込み広告や看板でも葬儀一式何万円、と書かれているものを目にすることが良くあります。葬儀をしない、直葬という、亡くなったら火葬だけを済ませる人が増えてきたために料金を明確に打ち出し始めたとも言われています。また、これまで料金が不明確だったということもあるようです。では、実際にお葬式にかかる費用は幾らくらいなのでしょう。実は、お葬式自体は業者が打ち出している料金で済むのです。しかし、それ以外にもお金が掛かるのです。

仏式の場合、お坊さんに来ていただくと、戒名料や拝んで頂いたお礼が必要になります。戒名料は地域差やお寺によって差がありますが、何十万円、人によっては百万円も請求されたということもあるようです。故人が望んでいないのであれば、お坊さんのいらない家族葬にするという方法もあります。また、火葬場もお金が掛かります。火葬場の休憩室にも使用料が掛かることがあります。お葬式に来て下さった方に食事を振る舞う習慣のある地域であれば、食事代も掛かります。

この習慣がなくとも、時間帯によっては火葬などの際に食事時間を挟むことがあるでしょう。参列して下さった方の人数が増えれば食事代も増えます。葬儀にかかる費用は思いのほか多いのです。お葬式にかかる費用はあらかじめ準備しておくことが望ましいでしょう。葬儀自体は後払いのことが殆どですから、頂いた香典の中から払えますが、こういった他の費用はその時々で支払うので、すぐに持ち出せるように現金で準備しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *