葬式の費用の相場はここ数年で下降傾向にあります。

2007年には231万円だったものが、2011年には199万円程度となっています。それ以前から家族葬といった小規模なお葬式が支持されるような雰囲気にはなっていましたが、地方の理解を得ることは難しく、合理的で革新的な都会的な物の考え方の一つといった捉え方をされていた節があります。しかし徐々にこのような式の在り方は地方にも浸透してゆき、その結果、全体的な費用平均に数字を下げるに至ったと見ることができます。故人の意志がお葬式の在り方にも反映できる世の中になったということかもしれません。

そのような数字ですから、この平均値は二極化しつつある葬式費用の中間点を表していると見る方が妥当でしょう。ですからこの数字に合わせて考えるのではなく、」まず自分がどのようなお葬式を執り行いたいかの方が重要なポイントとなります。従来型の者にするのか、それとも小規模で、家族だけ、もしくは親戚縁者まで、また親しかった人までは参列いただく方式にするかなど、それぞれのニーズに合わせてセットアップできるのです。

また慮湯金が細分化され、それが明確になってきたことで、どこを厚めにして、どこを簡素化するかなども目安が付けやすくなりました。通り一辺倒の式ではなく、喪主、もしくは故人の希望に沿ったものが演出できます。値段で決めたものでなくとも、最終的に料金がスマートになったということはあるものです。
千葉の葬式のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *