葬式にかかる料金の平均値は地方によって差があるものの、全国平均としては236万円と言われています。

しかし家族葬が支持され始めている中で、それほど今のところは全国平均に低下が見られないところをみると、二極化され始めているのではないかと館上げることができます。従来通りの方法によって葬儀を行う人もいあれば、家族葬を選択する人も増え、平均値はその結果なかなか下がることはないわけです。ですから多種多様な葬式の選択肢が提案される今、大切なのはどういった葬儀を望むのかという本人の希望と遺族の考えになります。

一昔前までは、小さなお葬式を執り行うと、人の目や親族縁者の反対に遭うなどということもありました。しかし今では理解も深まっています。無理をして、自分が意としない規模で料金を掛けずとも、自分の考えでセットアップできる良い時代になったと言えるでしょう。葬式の適正価格を料金の全国平均から割り出すことは、もはや必要なさそうです。たとえば参列させてほしい、。

最後のお別れをさせてほしいと考える縁者が多い人が、家族葬だけで済ませるのは、参列希望者にとって酷なことかもしれません。反対に、身の丈以上の式をあげるとなれば、本当に悲しんでくれるであろう人以外にも参列をお願いしなければならないこともありえます。故人や遺族の希望や状況にマッチしている式が一番良いものです。現代はその多様性が受け入れられるようになった時代です。納得できる料金、それが適正です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *