現代社会において、核家族化や人口減少が進む中、葬儀の形も徐々に変化しつつあります。

中でも増えているのが、身内や親しい人のみで執り行える、家族葬の形が増えてきています。通常の葬儀を行うと様々な手続きや段階を踏まなければいけないため、それ相応の料金がかかってしまいますが、家族葬の場合は最低限の料金だけで済むのが魅力とも言えます。通常通りの葬儀の場合は、葬儀だけでなく会食にかかる料金や寺院に払う料金もかかってしまうため、高額になりがちです。

しかし家族葬なら、身内のみでどんな形ででも故人を送ることが出来るので、安い費用で行うことが出来ます。もちろん葬儀の際は故人の遺志が一番重要ですが、派手な形式を嫌う人や親戚付き合いが面倒などという人は、家族葬をおすすめします。宗教の形も無宗教やそれぞれの形で執り行うことも可能ですし、また火葬のみを行えるという形式もあります。お通夜だけ行えたり、お通夜も告別式も行えたりと様々な形式を選ぶことも低料金で出来るので、色々な形で行うことが出来ます。

故人との別れは辛く悲しいものですが、葬儀の形式にとらわれず自由に行うことが出来れば、送る側にとっても負担は軽くなり、葬儀へと向かう気持ちも違ってきます。昔のように形式や世間体にとらわれることなく、それぞれの家族の形を実現してくれるのが、家族葬です。大事な人との別れを少しでもより良い形で過ごすことが出来るように、新たな形として浸透してきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *