最近の葬儀事情の中で、執り行うことが増えているのが家族葬です。

昔からの、一般葬と比べると料金も安くまた親しい人達だけでできることも、身近な葬儀として人気があります。その家族葬の料金は、相場としては葬儀プランが50万円前後になりこれに、会葬御礼や食事代などを諸経費を加算すると約100万円程度になります。一般葬の場合は、料金がこの倍の200万円が目安になるので家族葬はその半額程度でできます。この安くできる理由として、家族や親戚だけなので少人数でできることです。

そのために、祭壇も小規模になりお花などを飾り付けしても安くできます。そして、会葬者がほとんどいないのでその御礼の品も用意する必要がありません。家族や親族だけなので、葬儀自体は温かい雰囲気の中ですることができます。故人との最後のお別れも、心ゆくまでできるのが家族葬です。今は、冠婚葬祭にあまりお金をかけないという風潮が社会にはあります。

その流れの中で、料金が安くまた家族で故人を見送るということで人気があり増加しています。故人の葬儀は、しっかりと執り行うことができしかし、あまり派手にはしたくないという人が増えているからです。これから先も、この家族葬は新しい葬儀の形式として確立されていきます。個人を大事にする、現在の社会には最適の葬儀になります。大切なことは、大勢の人を呼ぶことではなく、その亡くなった故人を大切に思いお別れををキチンとしていくことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *