昔は、自宅で葬儀をするのが一般的でした。

そして、近所の人達がお手伝いをしてくれるなど、伝統という形式がありました。しかし、最近の葬儀は自宅で行う人は全体の中で数%しかいません。ほとんどが、葬儀会社のホールを借りてしています。それは、現代の住宅事情とも関係が深くあります。昔の家は、自宅で冠婚葬祭ができるようにふすまを開けると大広間ができる部屋がありました。

しかし、今の家は洋風になり玄関も狭く葬儀が出来る部屋は中々ありません。また、変化したのは場所だけでなくそのやり方も違います。最近の主流は、家族葬が多くなりました。親戚や家族だけの、身内で静かに故人を送ることができます。費用も、安く抑えることができ生前予約をしておくと割引になる会社もあります。見栄を張ることなく、自分達で出来る範囲の葬儀をすることが供養になります。また、故人の意志も大切にして音楽葬やお花をたくさん飾る場合もあります。生きている間に、自分の死後のことを家族に話しておくと残されたときに慌てることなくできます。

縁起が悪いからといいますが、自分の死後の話しをする人はほとんど長生きをしています。元気な間に、自分でできる準備をしておくことがいいです。そうすれば、自分の希望通りに家族がしてくれます。もしも、魂が残るのならそれを見ることができます。いずれにしても、昔のようにお金を賭ける派手なものは今はあまりしなくなりました。その代わりに、温かい雰囲気になっています。
八千代の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *