葬儀は今はだいぶ昔と変わってきました。

昔の葬儀というと、子供の頃、親戚の家に連れて行かされて、家に呼ばれた人が集まり、通夜も葬儀も家で行われた覚えがあります。僧侶の読経があげられ、白と黒の垂れ幕が部屋にかけられ、門には花輪が飾られ、道を歩いていて、花輪が飾られている家は誰かが亡くなったのだ、という目印にもなったものでした。そして、終った後の会食も家で行われ、家の人が天ぷらを揚げたり、お寿司をとったりと、それは大変なものでした。

いつの頃からか、葬儀も自宅で行うことが少なくなってきて、いつの間にか、葬議場で行うのが主流になり、今では家で行うこともなくなってきたかもしれません。家で行うと片付けや支度などが大変ですが、葬議場で行うと片付けも支度も葬議場の人がやってくれます。会食も自分で作ったり、手配する必要もなく、業者に任せることが出来ます。葬儀の方法もだいぶ変わってきました。

誰かが亡くなると、近所や会社の人、親戚や友人などに知らせて、多くの人が参列し、多くの人が招かれたものでしたが、今では家族葬という、あまり人を呼ばず、知らせず、家族や近しい親戚のみで行うようなスタイルも出てきました。どちらが良いか悪いかはなく、選ぶのは個人の自由なので、死はいつ巡ってくるかわからないので、どのようなスタイルで行いたいか、家族と話しておいてもいいかもしれません。亡くなってしまったら、取り仕切るのは残された家族なので、亡くなった本人には関わりないことですが、意思は出来るだけ尊重しつつ、残された者として、儀式を執り行った方が良いのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *