突然の悲しい出来事になったも、遺族がやらなくてはならないことは実際のところ沢山あります。

代表的なものとしては、通夜や葬儀など一連の流れを全て実行していくことが求められます。事前に全体の流れを頭に入れておけば、いざというときにもスムーズに事を進めていくこともでき、比較的落ち着いた心情で手配ができるような方向も見えてきます。葬儀の流れおよび手順については、素人ではなかなか説明が難しいということもあるので、葬儀社が手掛けるホームページでその内容を確認していくようにするという部分が現在では主流となっています。

亡くなってからまずやることは、死亡届を作成してもらうことになります。その手続きを踏まえてからでないと、通夜や葬儀など一連の流れに行けないというのが理由だからです。同時に24時間以内は火葬が行えないため、そういった社会的な常識についてはよく担当の方と相談していくようにするのが重要であります。そして喪主を一人決めて、どのような葬儀にしていくのかをしっかり話し合うようにするのが大切です。

故人が希望しているようなものがあれば、それに習って取り決めるという風にするといった方法も然りです。それに加えて、見積もりと予算との比較や指定された料金に何が含まれているかを確認して、遺族の方で決断を下していくのが重要になってきます。また当日の僧侶へのお布施を前もって用意しておくことも忘れずに行っていくのが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *