お葬式を行う業者(団体)には、葬儀社だけでなく民間の専門業者や会員制の冠婚葬祭互助会、JA(農業協同組合)、生協(生活協同組合)、自治体などがあります。

では、どういったサービスや内容なのかを簡単に紹介します。民間の専門業者は、地域に密着した小規模なものから全国展開している大手まで、さまざまな業者があります。専門業者が加入する団体「全日本葬祭業協同組合連合」は、国の認可を受けた団体であり、電話相談なども受け付けています。冠婚葬祭互助会は、会員が毎月費用を積み立てることで、葬儀のときに契約内容を応じたサービスが受けられるというものです。

冠婚葬祭互助会に加入している場合は、死亡の連絡をして、提供してもらえるサービス内容などを聞きます。JA(農業協同組合)にある葬祭サービスは、誰でも利用できますが、サービス内容は地域によって異なります。生協(生活協同組合)の組合員が利用できるサービスで、生協と提携した葬儀社が比較的低料金でサービスを提供するという内容になります。

自治体は、自治体が指定する葬儀社を利用することで、低料金でえるというものです。自治体によって内容が異なるので、利用する際は事前に問い合わせする事を忘れないようにしましょう。以上が葬儀以外の業者(団体)になります。その他にも、地域によってさまざまな業者がありますが、いずれもきちんと内容とサービスを聞き、良心的な業者を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *