葬儀の形式は、時代の流れとともに少しずつ変化をみせているようです。

この葬儀の形式にはいくつかありますが、近年では家族葬と呼ばれている密葬にあたる形式で、故人とのお別れを行うことが多くなっています。この家族葬は、家族を中心にして故人との関わりが深い親しい方が集まって、通夜や告別式を行い火葬までを済ませるプランになっています。参列者の人数も限られていることから、小さな式場での利用が可能になり、参列者に気兼ねなく故人とゆっくり最期のお別れをすることができるでしょう。

また、古くからある形式の一般葬があります。家族や親族のほかにも、近所の方々や仕事での関係者、友人や知人などお世話になった方々に、案内の知らせをするものになります。故人や家族の交友関係などが広い方には、参列者の方々への御礼とともに、昔から広く行われている形式になっています。この他にも、大型葬や社葬、合同葬などの形式があります。

また近年では、高齢者の一人暮らしや単身で暮らしている人が増えていることもあり、火葬式と呼ばれる直葬にあたる形式で行われる場合があります。通夜や告別式は行わずに、火葬場で僧侶に読経をしていただきお別れとなるものです。簡素で短い時間となるため、葬儀の費用を安く抑えることができます。地域によっても葬儀の形式に少し違いがあるようです。故人を見送る大切な葬儀は、これからも時代の流れにあわせて変わっていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *