葬儀に参列する事は比較的多いものですが、それでも宗教や宗派によって異なる不祝儀の表書きや焼香の作法など、いつもマナーに適っているか心配になるものです。

一方で、葬儀を営むとなると、経験した事はほとんどないのが一般的で、もうどうすれば良いのか分からないでしょう。故人を偲んで悲しむ事もそこそこに、バタバタと準備を進める必要が生じるのです。しかし、葬儀社を決めてその会館で営むと決めれば、後は担当者がすべてサポートしてくれます。遺族は担当者がどうしますかと問いかける事に、はっきりと意思表示していけば何とか進んでいきます。

そんな中で、以下の様なポイントを理解していると、なを安心です。まず最初に、病院で他界した場合、一旦自宅にご遺体を戻すのか、直接会館に搬送するかを問われます。自宅に戻して上げる場合には、そこで枕教を挙げたりした後、会館に再び移される事になります。つぎに費用の中で大きなウエートを占めるのが祭壇で、何種類かの値段の異なる祭壇の中から選択する事になります。いくつかのランクの中から選択する場合、日本人は真ん中当たりを選びがちですが、見栄を張る必要もなく、自分たちの予算を考え、はっきりと意思表示すれば問題ありません。通夜や葬儀に際しては、導師様をお坊さんにお願いする必要がありますが、お寺さんと付き合いのない場合には、宗派だけ把握していれば、紹介してもらえるので心配はいりません。

宗派が違えばお経や作法が違うので、家の宗派だけは知って置く必要があります。それと、当然ですがお寺さんへのお礼としてのお布施は、葬儀社に支払う費用とは別です。こうしたポイントを知っていれば、後の細かい事は担当者の問いかけに答えて行けば、その判断に従って担当者が段取りしてくれ、不安だらけであっても何とか営む事ができるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *