現代の日本では人が亡くなった際、葬儀をすることが通常となっています。

ですがかつてまでのように、広い会場を利用して僧侶に読経をしてもらうというようなあり方は少なくなってきました。その代わりとして人気が高い葬儀になったのが、自然葬と呼ばれる葬儀のスタイルです。これはどういったものかというと、これまでのような式ではなく家族や親族だけでの小規模な式を行い、遺骨を土に埋めた後でその上に樹木を植えるというものです。このタイプの葬儀がかつてまでと大きく違うのが、墓石が無いということです。

故人が好きだった木を植え、その木が成長していく様子をみて故人を偲ぶということは、この樹木葬でしかできないことだと言っても良いでしょう。またこのタイプに人気が集まってきた理由として重要なのが、かかる費用がこれまでよりも安いというところです。お別れ会のような式典であればそこまで大規模な会場を借りる必要はありませんし、招く人数によっては自宅などでも行うことが出来ます。

加えて僧侶を呼ぶ必要が無いわけですから、そこでかかる費用についてもカットすることが出来るのです。そして墓石を動かして納骨するということにもかなりの費用がかかりますが、樹木葬であれば墓石を用意する必要も、動かす必要もありません。これまでのように数十万円、数百万円かけて豪勢な式典を行うというあり方は少なくなり、現在ではこうした小規模かつ安価な葬儀が好まれるようになっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *