葬儀の連絡が入ると、服装やらなんやらと身支度もそこそこに慌しく出かける事が多くなります。

準備したりするものは多いのですが、その中でも悩む部類に入るのが香典です。金額をどうすればいいのか、いつ持参すればいいのか、本当に考え込んでしまいます。通夜と葬儀と両方に参列する場合には、通夜の時に渡すことが多くなります。もしもどちらにも参列が出来ないようであれば、郵送をする事もあります。この場合には不祝儀袋を現金書留の封筒に入れてお悔やみの手紙と共に送付します。

香典の表書きについては、宗教に合わせて書くようになっています。例えば、仏教であれば御霊前、御香典などが一般的です。宗教が分からない時には御霊前を書くといいでしょう。そして、下段に名前をフルネームで書きます。香典袋の中身には香典の金額と住所氏名を記載します。正式には筆で書くのですが、内容であればペンでも構いません。

そして、表面と裏面にどう書いていくのかは地方でも異なる場合があります。表は白いままで、裏側に住所氏名と金額という場合もありますので、念のため周囲にそれとなく聞いておくのもいいでしょう。金額相場に関しては、送る側の年齢と相手との関係で大体が決まります。5千円~1万円ぐらいになる事もあれば、5~10万円ぐらいになるなどいろいろです。事前に良く確認した上で香典も準備して、礼を失しないように準備をしてから葬儀に参列できるようにしていきましょう。
市原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *