親戚や家族、親しい友人や知人、会社の上司などの訃報を受けた際に、大人ならば常識のある対応で正しいマナーを身につけておきたいものです。

葬儀参列前のマナーとしては以下のような点に注意が必要です。訃報のお知らせを受けた時は、親しい間柄でも深夜の訪問は避けた方が無難です。また葬儀を控えたご遺族は家族を亡くした悲しみの中で、気持ちも動揺しお取込中です。すぐに連絡をとりたいからといって、電話をかけてお悔みを述べるのは非常識です。そうしてもお悔みを述べたい時は弔電を打つのが良いでしょう。

さらに親しい人物が亡くなった際に、どうしても故人との対面をしたいからといって自分から申し出るのはマナー違反です。遺族から勧められた場合のみ、謹んで受けるのが良い対応といえます。実際の葬儀の際にはさらにマナーが求められます。お香典に新札を包むのは、葬儀では逆に失礼にあたります。古くからの考えで新札を使用することは「死を予期していた」とされていますので、失礼にあたらないよう注意が必要です。葬儀では参列をしたことで、弔意を表したという形式にあたります。

ご遺族と親しい間柄であったとしても、無駄な長話は控えお悔みの言葉は手短に述べるのが基本です。ましてやご遺族へ個人が亡くなられた経緯を伺うなんて行為は、最も配慮にかける行為ですので失礼な言動は控えましょう。また赤ちゃんや幼児など、小さいお子さんは連れていかないのがベターです。式の最中におとなしくしていられるしつけができており、親しい間柄であれば同伴させても良い場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *