葬儀には様々な物があります。

宗派でも違いはありますし、キリスト教などの場合など様々あります。一般的な式としては、ご家族、身内の方が亡くなった場合は葬儀社に頼むことが多く、業者に頼むことで病院や施設からご遺体を自宅まで搬送してくれますし、自宅では仮祭壇なども作ってくれますのでご遺体を安置するのも早くできます。安置後はドライアイスを用意してくれたり枕経を頂くための準備などもしてくれます。

セレモニーホールがある場合には翌日ご遺体を納棺しセレモニーホールにてお通夜、翌日には告別式、火葬場への運搬、火葬、お骨拾いとなります。その後同時に初七日をする場合もありますが、一般的な式の流れはこのような感じになります。それ以外にも葬儀は様々あります。

ご家族や身内、親しい友人だけで行う家族葬や、家族や身内、親しい方が少ない場合は一日で全てを終わらせる一日葬、家族や身内がとても少なく低予算で終わられる為にご遺体をすぐに火葬する直葬、生活保護を受けていて費用が無い方には生活保護葬、故人が愛した海に遺骨を粉砕して海洋へ散骨する海洋葬、お好きな音楽に合わせて式をとり行う音楽葬などがありますし、本人が亡くなる前に葬儀をしてしまう生前葬もあります。家族や身内の方の故人を偲ぶ姿には色々とあるのでその中で一番良い葬儀をする事が故人の為になるようです。また、ご自分の身に何かあった時の為には「こうして欲しい」と遺言を残すこともよい事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *