千葉県茂原市は、房総半島のなかでも東寄りの、太平洋に近い場所に位置していますが、近年では首都圏中央連絡自動車道が開通するなど、県庁所在地の千葉市をはじめ、空港がある成田市、さらには東京都心へのアクセス性も向上しています。

そのため、茂原市やその周辺には、製造業の工場や大学のキャンパスが立地し、夏場にも海水浴客が多く訪れるようになるなどしており、新興住宅街も増えてきています。このような中で、千葉県茂原市で行われる葬儀のありかたも、徐々に変化が見えつつあります。千葉県茂原市の伝統的な葬儀は、やはり仏教式であり、親類縁者だけではなく、地域や会社などの人々も参列して、盛大に行うのがふつうです。

通夜と告別式があり、菩提寺から招かれた僧侶が読経をするなかで、参列者はそれぞれ焼香を行います。特に、茂原市は周辺の長柄町や長南町と広域市町村圏組合を組織しており、火葬場の運営などを行っていますので、公設の斎場設備も整っています。その一方で、最近では家族葬などの新しいスタイルも登場しているところです。家族葬の場合は、内容は仏教式で、それほど伝統的なスタイルとの違いはありません。

ただし、葬儀に参列するのは、亡くなった人と親しかった人々、具体的には親類縁者とごく一部の友人だけにとどめ、他の人には参列を遠慮してもらうことになります。このことによって、もちろん費用は節約できるものの、単なる儀礼ではなく、心から亡くなった人との別れを惜しむ場とする趣旨のほうが強いといえます。
茂原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *