流山で印象に残る葬儀を希望する場合、樹木葬という葬儀ができます。

樹木葬というのは墓石の代わりに樹木を墓標とするもので樹木墓地と呼ばれる場所に埋葬します。遺骨を埋葬するたびに1つ植樹する場合と、墓地のシンボルとして樹木が植えられた周囲に遺骨を埋葬する形式など様々な墓地があります。いずれにしても美しい景観で流山にも立派な樹木墓地があります。流山で樹木葬をするには、ネットで調べると流山の樹木墓地を扱うサイトがあるのでそこからパンフレットを取り寄せたり直接電話やメールで問い合わせることができます。

宗教や宗派不問で墓地は利用できるので、利用する人の宗教・宗派に従った葬儀と作法に従って納骨する形式です。在来仏教であればお葬式を上げて火葬したあとお骨を自宅に保管し49日後にお墓に納めるなど、広く一般に見られる形式です。樹木葬の霊園はいくつかあるので実際に事前に見学しておくことが望ましいです。

終活で自分の希望として樹木葬を考える人も増えているようで樹木墓地は年々増加しています。樹木葬が増加傾向にある背景は、自然回帰へ思いをはせる人が増えたことや環境への関心の高まり、非婚の人が増えたという社会の環境の変化により墓石の維持管理が難しくなってきたことがあるとされています。散骨と比較されることがありますが、散骨と違い墓地として決められた場所に埋葬するのが樹木葬です。美しい流山の地で葬儀を考えるなら樹木葬も候補に入れてみたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *