近年人気の高まっている葬儀の形態が家族葬です。

家族葬とは、家族や身近な親族だけで行う小さな葬儀です。義理などが存在せず、遺族が心をお込めてお別れを行える温かみのあるお葬式になることが魅力です。従来の大規模なお葬式ですと、準備にかかる労力や費用も大きく、悲しみの中それを行っていくのはとても大変です。そして、しっかりと故人とのお別れを行える時間を取れることで遺族としての心の整理がつきやすいということも人気の理由です。

その家族ならではの思い出を感じられるお別れを実現できるのです。こうした家族葬は流山でも人気が高まっています。高齢化、少子化、核家族化、簡素化の現代の風潮にマッチしているのです。なるべく費用をかけないながらも愛や絆を感じられるお葬式を行えるのは遺族だけでなく、故人の喜びでもあるはずです。流山は開発が進み、たくさんの大型マンションや大型商業施設、教育施設などが出来ています。多くの若い世代が流山に生活の拠点を持つことが増えているのが現状です。

こうした流山の人口の増加に伴い、各葬儀会社でも人気の高い家族葬を多く展開するようになりました。その遺族の思いや愛情を最後のお別れとして表現できる時間と空間をプランとして提案している葬儀会社が増えているのです。小さなお葬式ではあるけれど、愛情にあふれたお別れの仕方と、無駄な労力や費用を伴わないのは故人が生前に望んでいるということも反映しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *