一般的に死亡の告知は親族をはじめとして勤務先や学校、仕事関係者、隣近所に流山では知らされています。

日ごろからお世話になった親しい人たちが中心になりますが、故人の遺族が動揺していることもあって友人関係の細部にまで、手が回らないこともあります。後日にそのことを知らされて、葬儀も終わってしまったけれどどうしても最後のあいさつをしておきたいということも、あるかもしれません。葬儀が終わった後では、なかなか喪家へは行きづらいものですが訃報を知ったらすぐに、お悔やみに伺ったほうがいいでしょう。

その際はあらかじめ喪家の都合を聞いてから、伺うのがポイントです。遺族が心労から辞退するような場合もありますから、その時には表書きした不祝儀袋に香典を入れてお悔やみの手紙を添えて現金書留で、郵送するようにします。弔問するときには葬儀と同じように、香典や供物を持参します。そして遺族に対してお悔やみの言葉と参列できなかった理由を丁寧に述べます。仏式では初七日から四十九日までの法要で、納骨が行われます。

また四十九日には死者の霊が家から離れるといわれ、この日が忌明けとされています。したがって訃報を聞くのが遅れれば、すでに流山の墓地に埋葬されていることもあります。仏壇にお参りするか流山の近くに墓地がある場合には、墓参りをすることになります。葬儀に出席するほど親しくないけど、弔意だけは表したいということもあります。こんな時は参列者に、香典を託すことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *