葬儀の喪服は用意したけれど、帽子やアクセサリーも身に着けたい。

身に着けるアクセサリーによっては、いけないことがあるのだろうか。身だしなみに気を使っている船橋の女性ならば、葬儀でも最低限のおしゃれは欠かせません。それだけに厳格な儀式でのマナーも、気になるところです。既婚女性なら結婚指輪をしていることが多いのですが、これ以外のアクセサリーは外すのが基本のマナーです。ただし結婚指輪でもダイヤやルビーといった派手なものなら、外すようにします。通夜や葬儀で使える宝石は、パールだけになっています。

これはパールが涙の象徴と言われるためで、指輪やイヤリング、ネックレスとして身に着けることが許されています。パーティー用の二連のパールをつけていったら、友達に注意されたという船橋の女性もいます。これはパールがいけなかったのではなく、二連ということが問題だったのです。二連には、凶事を重ねるという意味があります。ただし一連のパールのネックレスならすべてOKかというと、そうではありません。

金具が派手なものはダメというのが、それに当たります。ハートの形をしたものや金色などは、避けるようにしましょう。またベビーパールやバロック真珠(粒が円形でないもの)は、正式ではないとされています。適当なものがないときは、いっそアクセサリーはなしで、船橋の葬儀に参列してください。マナー違反にはなりません。ちなみにオニキスや黒サンゴなどで小ぶりのものなら、黒いアクセサリーもOKです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *