お葬式は、人が臨終を迎えたところから始まり、まず医師が、家族に死亡を告げ、死亡診断書を書いてくれます。

看護師さんは、遺体から汚物が流れ出ないように、遺体の処置をしてくれます。遺族は、そこですお葬式を行う場所を選定して、そこに連絡をして寝台車で遺体を所定の場所に運びます。すぐに、どこでお葬式をするのかを決める事は大変ですので、できれば医師に「延命措置をしますか」と聞かれた時点で葬儀社を決定して生前予約をしておくと、後の流れがスムースに行きます。

以前は自宅に通夜まで遺体を置きいたものですが、最近は遺体をすぐに葬儀社に運び、そこで、枕飾りをしてもらいお葬式のうちあわせを担当者とします。その時担当者に「死亡診断書」を渡し、「死亡届け」「火葬許可書」の手続きを代行してもらいます。その時、喪主とお葬式の日時と、お葬式の形式(宗派など)を決め、斎場、火葬場を確定します。会葬者を予測し、その数量と内容も決定し、親戚、縁者、友人、知人に連絡をします。

菩提寺の僧侶が到着すると、枕経を読経してもらい、僧侶立ち会いのもと近親者で遺体を納棺します。次は通夜ですが、本来は夜を徹して遺体に付き添い線香と蝋燭を絶やさず、見守ったものですが現在は半通夜として1~2時間程度の法要を行います。翌日、日中に葬儀・告別式を行い、出棺します。

火葬は1~2時間かかり、その間に飲食をする場合もあります。火葬が終わると、骨上げをして、骨壷にお骨を入れます。その後、斎場か自宅かお寺に戻り、僧侶に読経をしてもらい(還骨法要と言います)ます。その後49日まで自宅の後飾り祭壇に遺骨、位牌、遺影を飾ります。数日中に葬儀社に支払い、年金などの手続きを終え、49日までに香典返しを済ませます。49日までに、49日法要を行い、遺族が集まり、菩提寺の僧侶に勤行してもらい、法要後会食の席を設けます。できればその時に納骨も済ませます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *