葬儀を行う上で費用の事は無視できない問題です。

その人が望む葬儀にする事がベストですが、中にはそういった話ができない状況が考えられます。例えば遠方に住んでいる事や、突然死などが当てはまります。かといって費用の幅が大きいため、無計画に行うのも危険です。ではどうすれば良いのかというと、予め葬儀について話し合う事です。生きている内に亡くなった場合の話は辛いかもしれませんが、先程述べた通りお金をかける事が望む葬儀になるかどうかは別問題です。事前の話し合いは最善の方法ですが、必ずできるとは限りません。

そのため当人の性格によって推測する事が大切です。例えば社交的な方ならば、参拝者は多くなりやすいので広い空間にするのがベストです。人付き合いが苦手な方に、広い空間は亡くなった方の尊厳に関わるのでやめましょう。そういう方は親近者のみにするのが望ましいです。もし亡くなった方と疎遠だったり、人付き合いを把握できない場合は遺言書に書かれているかどうかで判断するしかありません。相続問題とは異なり固い表現にする必要はありませんが、葬儀に要望がない事もあります。

要望がないという事は自由にしても良い事になりますから、予算と相談して決めるのが筋です。費用も重要な問題ですが、何より親近者と連絡がとれるかも忘れてはならないポイントです。いくら準備ができても、連絡ができなければ水の泡になりかねません。連絡はいつでもできるようで意外にできないので、もしもの時が近づいたらチェックしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *