葬儀を行う際、その全てを葬儀会社にお願いしてしまうか、事前に節約できる知識を身に付けたうえで相談するかによって、その費用は大きく変わってきます。

例えば、通夜の後に振る舞われる通夜ぶるまいに関して、参列するであろう人数分用意してしまうか、少ししか食べないからと若干少なく発注するかでその値段は10万円単位で変わります。実際、通夜ぶるまいをがっつり食べる人は少なく、一口食べる程度ですから、人数分用意する必要はありません。また祭壇に飾る供花についても、参列者などからいただいた供花を祭壇に飾ることでいくらかの節約につながります。

式場や火葬に関する費用も、自治体が行っているところか、民間で行っているところかによって数倍値段が変わってきます。自治体の場合は、その安さから人気が集中し、数日待たされる可能性があり、民間だとすぐにできるという差はあるものの、費用面で考えれば自治体が経営しているところが安上がりとなります。他にも返礼品や香典返しなども、用意する商品によってその値段は違ってきます。あまりに安いものでは失礼にあたるのと同時に、最近ではインターネットなどで調べることもできるため、あまり出所がはっきりしたものを用意してしまうといくら使っているかバレてしまいます。

なので、返礼品や香典返しを節約するのはなるべく避けましょう。葬儀会社の言われた通りのプランではなく、細かな注文を1つずつしていくだけでも、葬儀の値段は抑えられるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *