喪主の最初の役割は、葬儀社を決めることです。

終活などが盛んになり、生前から葬儀社を決めておくという人も増えていますが、まだ少数派です。大半の人は、亡くなってから遺族が決めるケースが多いでしょう。病院で亡くなった場合には、自宅もしくは安置所に搬送する必要があります。いつまでも病院にはいられないので、死亡が確認されたらすぐに葬儀社に連絡する必要があります。病院側で指定した葬儀社を持っているところもありますが、それよりも自分が納得した業者を選んだほうが良いでしょう。

大抵は、家から近い業者、亡くなった病院や施設から紹介された業者、という基準で選ぶことが多いです。ただし、この方法だと利用できる業者は限られてしまいます。内容、品質、価格、などに満足できない可能性もあります。場合によっては追加料金が高くなるようなトラブルに陥る可能性もあります。

危篤、臨終という悲しみや慌ただしさのなかで冷静に業者を選ぶのは難しいですが、できるだけ早く葬儀社を検討しておくことが喪主の役割です。喪主が悲しみで動けない場合には、他の家族が代役として決めるようにしましょう。最終的な意思決定は喪主に託されますが、手続きは周りでやってあげるというようにしても良いでしょう。喪主だけに全てを任せずに、遺族全員が協力して手続きを進めることが大切です。お金についてはトラブルになりやすいので、しっかりと計算できる人に任せるようにしましょう。
茨城の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *