葬儀に参列する際はいくつかのマナーがありますので、知っておくといざという時に慌てずに済みます。

できれば喪服などは1着持っていると良いでしょう。普通、葬儀は仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨と行いますが、通夜の時に喪服で訪れるのはあまりお薦めできません。故人の死を予見していたようで不吉だと言われるからです。ですが、最近は告別式等に参列できない方が香典を持参して喪服で訪れる事もあります。

その際は喪主にその旨お伝えするのがマナーです。葬儀の際の服装は、男女ともにブラックフォーマルと呼ばれる黒を主としたスーツやワンピースが一般的です。その際も喪主の喪服よりも格上にならないように、簡易的な物を選ぶと失礼に当たらないでしょう。スーツ、靴下、靴、ネクタイ、ワンピースなどは黒で統一し、ワイシャツは白で構いません。

女性もパンツスーツでも良いですし、ワンピース等のスカートはひざ下丈のものを選びます。女性は髪留めもできれば黒いものを、また、ネイルは外し化粧も薄めにします。アクセサリーは真珠を付ける方がいらっしゃいますが、つけるのであればできればブラックパールをお薦めします。

それ以外は結婚指輪程度に収めましょう。冬場はコートや手袋などを使用しますが、斎場に入る前に脱ぎましょう。焼香が屋外の場合はそのままで大丈夫です。中にはコートや手袋、カバンなどが本革であると殺生をイメージするので避ける場合もありますが、そこはあまり神経質にならなくても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *