葬儀から精進落としまでは、通常次のような流れで行われます。

まずは葬儀が始まる約1時間前に喪主や遺族が集合し、葬儀業者と最終的な段取りの打ち合わせや受付の準備などを行います。そして開式前の15~20分前には参列者が着席できるように順次受付を始めます。開式の時間になると司会者が開式を宣言します。続いて僧侶による読経が行われます。そして司会者による弔辞や弔電の紹介が行われ、焼香が始まっていきます。僧侶が最初に焼香を行った後、喪主、遺族、そして一般の参列者の順番で行われます。全ての参列者の焼香が終わると、司会者が閉式の宣言をします。

閉式後は故人の周りを参列者一人一人が生花で飾っていく最後のお別れが行われます。そして、棺に蓋がされ喪主が順番にくぎ打ちを行っていきます。棺は男性親族の手によって霊柩車に乗せられます。最後に喪主が参列者に向けて挨拶を行い火葬場へと出棺されます。火葬場では、僧侶の読経と焼香をする納めの式が行われ火葬が始まります。火葬は1時間程かかるので、この時間に親族に次回の法要のスケジュール調整を行っておくとよいでしょう。

火葬が終わると骨上げが行われます。二人一組で遺骨を足から順番に箸で拾い骨壺に納めて行きます。順番は喪主にはじまり血縁の深い順で行います。最後に骨壺と埋葬許可証を火葬場から受け取ります。火葬が終わってからは自宅、あるいは葬儀場に戻って還骨法要を行います。ここでも僧侶の読経と焼香が行われます。そして最後に僧侶や世話人たちを招いて精進落としが行われて葬儀はすべて終了となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *