葬儀は通常、仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨と行います。

宗派によって多少の変化はありますが、だいたいこのような段取りを踏み、弔問客が焼香に訪れます。家族葬という葬儀方法があります。これは、故人の遺志、喪主の意志などによって、家族のみで執り行う葬儀方法です。家族のみ、あるいは故人の兄弟、従兄弟や親戚まで、ごく親しくしていた方などを呼ぶ場合もありますが、どの場合も一般の弔問客を辞退することが多いです。

弔問、供花、香典、焼香、弔電などを辞退することがありますので、訃報を知った時に家族葬であることが分かったら、注意が必要です。慌てて弔問に行ってしまって相手に迷惑をかけてしまったり、お断りされて寂しい気持ちになってしまうことがありますので、まずは訃報をどのようにして知ったかを確認します。ご家族から直接訃報の連絡を頂いた場合は弔問しても良いと判断します。

また、訃報のご案内に葬儀の場所や時間など詳細が記されている場合も弔問しても大丈夫でしょう。それ以外の場合は辞退するのが良いでしょう。御式の後は、精進落としとして、軽食や酒が振る舞われることが多いですが、家族葬の場合それも無い場合がありますので、その時は喪主の方に一声かけて、長居せず、速やかに帰宅するのがマナーです。

家族葬をする側も、間違って弔問に来てしまう方がいらっしゃらないように、ご案内を出すなどすると親切です。そして、亡くなった方が会社勤めである場合も、会社の方に家族葬であるということをしっかりお伝えするのを忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *