葬儀というと亡くなった人の冥福を祈り、遺された人が次のステップに踏み出していけるようにするための式典というイメージがあります。

そのイメージは実際のところ間違えているものではないのですが、実は最近の姿を見ると、葬儀は必ずしも人の為だけに行われるものではなくなってきました。では誰のために行われるのかというところで出てくるのが、ペットです。犬や猫、鳥などのペットは、他の人から見ると単なる動物でしかありません。ですがそのペットと何年間も同じ空間で過ごしてきた人は、その動物に対して非常に強い愛情を抱くのです。

つい昨日まで一緒に過ごしていた愛する家族がいなくなってしまうのですから、ペットのために葬儀を行うということは非常に自然なことです。最近では全国各地でこうした式典をビジネスとして行う葬儀社が出てくるようになってきており、積極的な業者だと人が中々移動させることのできない大型犬などに対応するため、火葬設備を備えた車を持つようにもなりました。

かつてからペットの死ということは、そのペットとともに生きてきた家族たちにとって非常に大きな問題となっています。特にペットのことを心から愛していた人になると、ペットがいなくなってしまったことで精神に非常に深いダメージを負うこともあります。こうした症状はペットロス症候群として呼ばれていますが、そうした症候群を防ぐためにもペットの為の葬儀は意味のあることなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *