実際に葬儀の準備をしたという経験を持つ人はあまり多くはありません。

調べたり、人から聞いたりするきっかけもあまりないでしょう。実際にかかる費用なんかは興味があり、調べた人は少なくないと思います。しかし、身内の人が亡くなってしまって、自分しか葬儀の準備をできる人がいない場合は、それでは困ります。いざという時のために、最低限の知識を学んでおくことで、スムーズに式ができて亡くなった人を天国に送ってあげることができます。実際の流れは以下のとおりになっています。

最初に知人などに危篤の知らせをします。息を引き取る時に一緒に立会いをしてほしい人に知らせるのが普通です。ここでは親しい友人と一緒に最後の時間を過ごします。次に死亡確認です。亡くなった場所の病院で医師に頼んで死亡診断書を作成してもらいます。この診断書を受け取ったら、必要事項を記入して役所に提出します。ここで重要なのは死亡後7日以内に提出しなければいけないことです。役所で受理されると火葬許可証と火葬場使用許可書を受け取ることができます。ここまでが前半の流れになっています。

次に葬儀社に連絡をします。ここでは故人の氏名や病院名などを聞かれるのであらかじめメモをしておくとスムーズに進みます。葬儀を依頼できる会社は一つではないので、インターネットなどで事前に調べておくと問題が発生しにくいです。同時に費用などの見積もりをしてもらいます。ここまでの知識があれば、あとは葬儀社の人がサポートしてくれますので安心です。ここまでの流れがわからないと実際に何をしていいのかわからなくなって、準備が進まないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *