病気の人が家族内にいる場合、癌や不治の病などにより、時間の問題だと言われれば頷くしかできない現実の時もあります。

そして、帰らぬ人になった場合、残された遺族の人は葬儀の準備に取り掛からなくてはいけません。しかし、葬儀といっても、やり方や規模など選択肢がありすぎて困ってしまうという場合が圧倒的に多いです。何をしてよいか分からず、親戚や近所の人に迷惑をかけてしまったという方もいますので、慌てないためにあらかじめ心の準備をしておくとよいでしょう。

まずは喪主を決めなくてはいけませんが、基本的には配偶者が一般的です。ですが、配偶者がご高齢の場合は息子や娘の代になってきます。次に決めるのが葬儀の宗教的な形式を決めなくてはいけません。日本では仏式、神式、キリスト式といくつかの宗教が混在していますので、葬儀の形式はできるだけ早めに決める方がよいです。

一般的にそこの主の本家の宗教に応じた形で行う場合が圧倒的に多いので、宗教がわからない場合は本家に尋ねたほうが間違いないです。最近では無宗教で行う方も増えていますので、新家で本家のとのつながりが薄い方は無宗教で行うのもよいかもしれません。次に規模や人数、予算などを決めていきますが、その辺りは葬儀会社と相談して決めていきましょう。亡くなった人の交友関係や仕事関係、年齢に応じて規模はある程度決まってきますので、分からない場合は担当者に尋ねて相場を聞くと教えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *