葬儀を行う上で、重要なことのひとつに葬儀にかかる料金のことです。

そこで、葬儀費用の相場や内訳、費用を抑えるためのポイントなどをいくつかご紹介します。葬式にかかる費用の全国平均はおおよそ200万円といわれています。しかし、宗派や地方の風習、式の形式や参列者の数や式場の規模によって料金は大きく違ってきます。また、葬式に必要な費用とは主に3つあり、ひとつは葬式本体にかかる費用、2つめに読経料金、戒名、お布施などの寺院費用、3つめは参列者への返礼品や会食などの飲食代などです。

この3つの費用の中で、葬式本体の費用が一番多くを占めます。費用が上がってしまうケースは、警察や病院で紹介された業者にかませたケースです。業者から契約を強く勧められたりしますが、他の葬儀社との見積もりも比較するようにしましょう。また、霊柩車の距離上限を超えてしまうと、当初の料金より追加で請求されたり、参列者の数が増えたりや返礼品のグレードがあがると、当初の見積もりよりも請求金額が上がることもあるので、事前の確認はしましょう。

そこで失敗しないポイントは、複数の業者を見積もりをよく比較したり、担当者とのコミュニケーションをとりやすい業者を選ぶようにしましょう。担当者との相性なども、葬式をスムーズに行う上で重要になります。そして、費用の内訳と総額を明確に示してくれる業者を選びましょう。葬儀後に思わぬ追加料金を請求されたというトラブルを防ぐことができます。
茨城の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *