葬儀を行うと通夜から埋葬までの一式費用、寺院費用、接待飲食費用をあわせて約200万円程度と、結構な金額が必要となります。

なるべくトータル料金を抑えるためには、葬儀会社の事前調査をしっかりと行いましょう。今回は葬儀会社を選ぶポイントを説明します。まず、故人が不慮の事故や病気などで病院で亡くなった場合は、病院や警察に紹介された会社は料金が高めの場合が多いです。焦って即決することだけは絶対にやめましょう。早めに契約をするように急かされる場合がありますが、断りを入れ落ち着いて各会社の費用を徹底比較しましょう。

急がずに選択をするためには、常日頃から葬儀社のプランを調べておくことが必要です。次に、棺や参列者に振舞う飲食物や、粗品などをランクアップさせることが、費用が高くなる原因となります。参列者の数が増えるのも予定外の出費に繋がる原因です。寝台車や霊柩車の距離上限も超えないように気をつけましょう。

近年では霊柩車を利用しない方が増えているので、思い切って霊柩車をプランから外すのも良い選択といえます。それでもお金が足りない場合は、生存中に終身保険に入るのも一つの手です。死亡時に300万程の大金を受け取れるので、葬式の費用を賄うことが可能です。お葬式は情報収集が大切です。各会社へ資料請求や見積もりの依頼をする際に、疑問に思ったことは全て聞き出すのが吉です。事前調査を寝に利に行い、なるべく料金を抑えて、低予算で葬儀を開くようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *